【子育て】ベビークックで離乳食づくり~初期編~

子育て

こんにちは。りーちゃんです。

初期の離乳食の献立、ベビークックでの作り方をまとめたいと思います。

離乳食づくりは初めてだったため、訳が分からず不安だらけでした。

区の離乳食教室へ参加したり、離乳食スタート本も購入しました。

準備品

離乳食開始につき準備したものは下記です。

①ベビークック

②リッチェルのスプーンセット

③リッチェルのフリージングトレー

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

④食事用エプロン

④お皿

⑤離乳食本

楽天ブックス
¥1,430 (2022/08/10 15:07時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

離乳食カレンダー発見

見やすいように一か月の離乳食カレンダーが欲しいと思い、インターネットで探していたところ、ぴったりなカレンダーをしょくーるさんのHPで発見しました。

こちらをダウンロードさせていただき、印刷の上冷蔵庫に貼り付けました。

パルシステムの離乳食を活用

パルシステムに便利な離乳食セットがあることを発見しました。

もともとパルシステムに加入していたので、即申し込み!

人参、とうもろこし、豆腐の初期から使える離乳食セットです。

人参、とうもろこしは一回使用サイズの個包装で完全にペーストになっているので重宝しました。

パルシステム入会希望の方はこちらから紹介コードを使って加入登録すると、通常の最大3,000円分クーポンに加え、更に1,000円分クーポンがもらえます。

(紹介コード)SKJbSp8D

▼アプリのダウンロードはこちら

オンラインパルサービス

ほうれん草のペーストづくり

ほうれん草のペーストをベビークックで作ります。

①鍋で葉と茎を分けて葉だけ長めの約5分ゆでる(初期、中期は茎は嚙みづらいため使用しません。)

②茹でたらあく抜きのためほうれん草を水でよくさらす

③ほうれん草をベビークックに入れて、水を少々足し、ブレンダーにかける

④リッチェルのトレーに入れて冷凍

ほうれん草は葉っぱだけ使用するので、二束使いリッチェルのトレー15ml一個分のストックができました。

かぼちゃのペーストづくり

かぼちゃのペーストをベビークックで作ります。

①4分の1サイズのかぼちゃを包丁で切れる程度に電子レンジで温める(500wで3分くらい)

②皮をむいて角切りにカットする

③ベビークックに入れて蒸す、水は200㏄入れる

④かぼちゃとゆで汁を入れ、ブレンダーする

⑤リッチェルのトレーに入れて冷凍

かぼちゃの皮は食べづらいため必ず剥いてください。

ゆで汁を使ってペースト状にするため、栄養が逃げません。

しらすのペースト

しらすはスーパーに売っているパックのしらすを購入します。

塩分が含まれているため、鍋でお湯を沸かし、しらすをゆでて塩抜きします。

そのあとベビークックでブレンダーにかけて完成です。

離乳食初期は、塩抜きを忘れないようにしてください。

白身魚

白身魚は 和光堂 はじめての離乳食 裏ごしおさかな 2.6gを購入し、使用しました。

フリージングドライのため、お湯で溶かすだけです。

初期はまだ少量しか食べないため、このフリージングドライで手抜きさせてもらいました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

まとめ

離乳食初期は訳が分からず、手探りで進めました。

パルシステムの離乳食セットや、和光堂のベビーフードも利用し、手抜きをしつつ進められることができました。

無理せず適度に手を抜いて進めていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました