一歳児とハワイ旅~深夜便JALエコノミークラスレポ~

海外旅行

こんにちは。りーちゃんです。

初めての1歳児との国際線深夜便フライト。ドッキドキで臨みました。

深夜エコノミークラスでの機内での過ごし方等をレポートしたいと思います。

バタバタで準備

搭乗フライトは、21:00発 羽田-ホノルルのJALエコノミークラスです。

約6.5時間の深夜便フライトになります。

出発当日は本当にバタバタで準備しました。
ハワイ旅行前に一家でコロナに感染していました。コロナ隔離期間は終わっていますが、私はまだ咳が少し出るので心配です。

コロナ一家感染の詳細を書いた記事はこちら。


そして初めての子連れ海外旅とにかく荷物が多く、忘れ物がないか心配です。

忘れ物なく過ごすことができた子連れハワイの持ち物については、こちらの記事に詳しくまとめています。

タイミング悪く出発日は生理2日目で、朝から眠くて眠くて、午前中はべビーサークル内でずっと寝ていました……
午後も食後に眠気に負けてお昼寝しをし、合計15時間は寝たはずです。

(結果的にはこれが深夜便と時差ぼけ解消に功を奏しました。笑)

深夜便なので自宅出発前に全員がお風呂へ入り、少し早めに娘に離乳食を食べさせ、バッタバタで17時すぎには家を出ました。

羽田国際線サクララウンジ

18時前には羽田空港に到着。
チェックインして出国手続きをし、サクララウンジへ。

JGC会員なのでエコノミークラスでもラウンジを利用できます

JGC会員になってすぐにコロナ禍が到来したので、私は国際線のサクララウンジは初利用です!(3年越し)

食事は現在オーダー式でした。

頼んだのがこちら。バタバタしていて夕食も食べずに来たのでかなりお腹が空いていました。

がっつり牛丼とビーフカレー(小)を注文しました。
サクララウンジ名物のビーフカレーが特に美味しかったです。

ハワイでは野菜不足になりがちだったので、サラダを注文しておけばよかったです。

野菜不足解消のため持参して役立ったのがこの青汁!かなり飲みやすく、おすすめです。

楽天24
¥10,800 (2022/12/31 16:32時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

夫が頼んだパスタは麺がのびのびなので美味しくなかったです…

娘は出発前に早めの離乳食を食べさせてきたので、バターロールを少し食べさせました。

ラウンジでは2時間弱過ごしました。日本人より海外の方のほうが多かったです。
食事があるスペースはガヤガヤ賑わっていましたが、奥の方は静かでおすすめです。

奥の静かなスペース

搭乗

さて、ついに搭乗です。
バシネットの設置できる席を事前に予約していました。深夜便は寝てくれる時間も長いと思うので、バシネットの席を確保するのがおすすめです。

バシネット利用条件

体重10.5kgまでの、2才未満の赤ちゃんが対象

バシネットのサイズ(長さ:約72cm、幅:約30cm、深さ:約15cm)

エコノミークラスはほぼ満席で、乗車率95%くらいでした。隣も日本人の乗客の方がいました。

娘は毎日19:30前には寝るので、すでにこの時間帯は眠いはずですが、いつもと違う環境に覚醒してお目々パッチリです(笑)
離陸してシートベルトサインが消えるまではバシネットは利用できないので、夫と交互にずっと抱っこしていました。
周りをキョロキョロ見つめながら興奮してるようでしたが、なんとかいい子にしてくれました。

耳抜きにおすすめお菓子

離陸のときは、耳抜き用に持参したヨーグルトタブレットを食べさせました。

ちまちまと夢中で食べてくれるのでおすすめです。手も比較的汚れないです。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

JAL機内サービス

紙おむつ

CAさんに頼めば花王「メリーズパンツ」M & Lサイズをくれます。

粉ミルク調合

頼むと粉ミルクを調合してくれます。

そのほか機内サービスの一覧はJAL公式HPをご覧ください。

機内食

離陸してからしばらくしてバシネットを設置してもらいましたが、機内が明るいので全然寝る気配なし!

ネントレで、寝るときは真っ暗にしているので、明るいと寝れないみたいです。

0歳10か月でネントレをした方法をまとめた記事はこちらです。

機内食が配られる時間になりましたが、娘が起きているので、とりあえず夫と交互に食べることに。

夫が食べている間は私が面倒を見ていました。

夕食を食べてから搭乗しましたが、娘もなんとこの時間に再度夕食として幼児食を完食しました!

9ヶ月〜2歳までは幼児食が用意されます。


ピジョンのおせんべいやバナナ、子供用麦茶なども入っていて、かなりありがたいです。

離乳食セットに食事用エプロンは入っていないので、持参が必要です。

夫が食べ終わったら娘を持ってもらい私が機内食の番です。
ラウンジでガッツリ食べていたのであまりお腹は空いていませんでしたが、西麻布にあるレフェゾナンスのシェフ監修の機内食で、前菜やデザートも美味しかったです。

バシネットで睡眠

食後にようやく機内が暗くなり、23時を過ぎたくらい、ようやく娘はバシネットで寝てくれました。

バシネットももう娘の身体には狭いようで途中2、3度起きましたが、都度夫が抱っこして再度バシネットに寝かせてくれました。
私も6.5時間のフライト中最後の2.5時間くらいは寝ることができました。
眠気はあまりなかったのですが、最後の数時間はおしりが痛くてキツかったです…

ハワイ到着

初めての深夜のエコノミークラスはドキドキで心配でしかありませんでしたが、夫と協力しながらなんとか無事ハワイに到着することができました。

深夜便はバシネットを利用できる席の予約をおすすめします。

深夜便は皆さん寝ているので、騒ぐとご迷惑をおかけし肩身が狭くなると思いますが、機嫌は悪くなく過ごすことができ一安心でした。

これから国際線フライトに乗る皆様のお役に立てますと幸いです。

関連記事

子連れフライトをまとめた記事はこちら。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました